二次会の開催形式は人それぞれで正解なんてのはありませんが「焼肉を二次会でやりたい!」という人も中には出てきます。飲みの方の二次会ではなく結婚式の二次会の方でです。

確かに結婚式でコース形式の料理を食べたんだから今度は肉を沢山食べたくなる気持ちも分かりますがそんなの無理だろと思いますよね?実は二次会でも焼肉をやる方法はあるんです。

そのやり方をこれから紹介していきましょう。

沢山を香水をかけている女性のイメージ

1「バーベキューウェディングパーティーを利用する」

結婚式場は自然に囲まれ大草原を持っている式場も存在しそれを利用して結婚式のみならず野外での焼肉パーティーとも言えるバーベキューをサービスとして展開している結婚式場もあります。

そのサービスを利用して二次会ではそのままバーベキューへと突入する新郎新婦及び参列者も多く結婚式の後に自然の中で肉を焼くなんてのは早々ない経験で一味違う二次会をするには持って来いです。

2「普通に焼肉屋を会場に選ぶ」

二次会は会場を自分達で選ぶ事がありますが焼肉をしたければ従来の焼肉店を選んで二次会は焼肉を中心とするやり方もあります。

二次会は絶対にこのやり方や会場じゃないと駄目!と言う縛りは無いので焼肉をしたければ焼肉店を会場に選ぶのが一番良いでしょう。

中には焼肉に加えて

  • 他の料理(寿司やデザート)も食べたい
  • 焼肉店だと高いから少し二次会参加費はお安めにしたい

等の理由で時間制限付きの食べ放題のお店を選ぶ人も出てきます。こちらはこちらで焼肉が食べれなかったりお子さんも参加が分かっていて肉やお酒以外のメニューも欲しい時には有利な面もあり万人受けを考えると捨てがたいです。

3「自宅でやる」

繰り返しになりますが二次会にはやり方や会場の縛りというのはありません。その為少人数で尚且つ焼肉を食べたい時は店ではなく自宅でやる新郎新婦もいます。

会場費を押さえたいのと式場などでは堅苦しいが自宅だと開放的になれるので敢えて自宅を会場に選ぶ人もいます。ここでかかる費用は肉や野菜、酒などの材料費ぐらいですが物によっては会場やお店でやった方が安く済んだり後片付けが大変だったの声もあり落ち着いて考えると自宅でやる事も無いよね?と若干損した気分になってしまわれる方もいますがそれはそれで笑い話に消化は出来るでしょう。

二次会でも焼肉をやる事は珍しくなくなりむしろ忘れられない二次会になれるだけの逸材とも言えるでしょう。いつも通りの二次会は嫌だとお考えなら焼肉を取り入れてインパクトを狙ってみてはどうでしょうか?きっと忘れられない思い出になるでしょう。