二次会を開催は決めたは良いが参加人数が足りない…かと言って直ぐに調達できる物でもありませんよね?実はそんなお悩みに答えるかのようなビジネスが近年行われています。

その名は「代理出席」名前の通り友人や親族等の参列者の代理として出席する者で会社毎に値段は違ってきますが値段としては平均1~2万円台から承っている所が殆どです。

そして意外な事にこのビジネスは需要が多く今も注文が絶えません。絶えない理由には少なくとも数パターンあります。

二次会で顔が解らない人がいるイメージ

「見栄え重視」

会場は大きいのに席はガラガラで参列者が少ないと新郎新婦のどっちかは嫌われていたりしているんじゃないか?と人間関係の悪さを勘ぐられてしまう事があります。

そう言った不信感や哀れさを悟られない為にも人数合わせで新郎新婦は嫌われていない、呼べばちゃんと来てくれる「友人」役としてレンタルで呼び出されています。

「リア充」

日常生活(=リアル)で充実しているんだとFacebookやTwitter等のSNSに載せてアピールする為に呼ぶ人もいます。参加者はそれなりの数がいても交友関係が広いんだともっと自分を大きく見せたくて数人レンタルを注文して自分はこんなに交友関係が広いんだとSNSを通じて世界中にアピールでき、近年では「いいね!」の機能がSNSで追加された事もありいいね!欲しさに呼ぶ人も増えてきています。

「呼びたくても呼べなかったので…」

代理出席をレンタルする人の中には「両親と疎遠になっていて呼びたくても呼べなかった」と言う理由で両親の代わりを頼むために呼ぶ事もあります。

両親代行と言っても新郎新婦と顔のパーツがある程度似ておりまさしく「親子」の雰囲気を出さないといけない為同じ代理出席でもこちらは比較的相場は高めとなっています。

けれど両親がいないのもそれはそれで締まらない、ならば高くても両親を用意しようと注文する人は後が絶えません。同様の例として友人代行も行っておりこちらは「転勤などでかなりの遠方になり地元の友人を気軽に呼べなくなってしまった…」等の理由で代行を頼むケースもあります。

代理出席を頼むのにはこの様な理由が見られました。わざわざ金を出してまで欲しいか?と思うかもしれませんが自分には無くても他の誰かには何かしら需要はある物です。

でなければここまで大きくはなってはいません。レンタルだけあり指導教育はしっかりと会社で行っているのでもしも人数が足りないけど用意したい時は検討してみては如何でしょうか?