二次会へのお呼ばれ、結婚式のようなきちんとしたドレスコードがないぶん、どんなドレス・コーディネートにすれば良いか、却って悩んでしまいますよね。

ポイントを押さえれば自分なりのファッションを楽しむこともできる素敵な機会となります。結婚式との違いと併せて、簡単ポイントをご紹介します。

沢山の並べられたグラス

大前提のマナー

平服でと書かれている場合もありますが、暗黙の了解として、基本は「お祝いの場」です。特筆されていなくとも普段着やカジュアル過ぎる服装では、失礼に当たってしまいます。

結婚式のようなパーティードレスやスーツを、ほんの少しアレンジ・カジュアルダウンさせたスタイルと考えるとイメージしやすいです。結婚式でNGとされている白いドレスや露出は、二次会でも避けましょう。

へアスタイルも、普段と同じではなく、盛り過ぎない程度のセットやアレンジは必要となります。

二次会ファッションで可能な事

「アレンジ」「カジュアルダウン」とはどんなことも指すのでしょうか?これを分かっていれば結婚式ではできない、お洒落なパーティースタイルが楽しめます。

ぜひ押さえてみましょう。

柄物を取り入れる

パーティーにふさわしいサテンやシフォンなどの素材であり、上品な雰囲気のものであれば、柄物を取り入れてもOKです。自分らしい柄・色を上手に取り入れ、お洒落を楽しみましょう。

2色使いのドレス

フォーマルな結婚式ではNGとされている2色使い(バイカラー)のドレスが、二次会ではOKとなります。上下で違った素材感のドレスなど、選べるドレスの幅が広がります。

上下組み合わせのスタイル

パーティースタイルを意識したコーディネートであれば、ワンピースにこだわらなくとも、上下別のコーディネートもOKです。

華やかな素材を使い、色使いなどで個性を出したコーディネートにすることも可能です。

パンツスーツ

女性のパンツスーツもOKです。フォーマルな素材、全体に上品な雰囲気である必要はありますが、必ずしも上下セットである必要はありません。

デザインを重視した、パンツスタイルのコーディネートも楽しめます。

ほんの少し、カジュアルな素材

綿のワンピースなど、あまりに普段使いのものをメインにしたコーディネートは避けるべきですが、部分的な使用はOKです。例えばトップや小物のみに使用したり、ドレスのカジュアルダウンとして、羽織物で取り入れたりができます。

ポイントは、フォーマルコーディネートの中に取り入れることです。

アクセサリー

結婚式では基本NGとされているパール以外のアクセサリーも、上品さを意識してさえいれば取り入れてOKです。たとえば大きめの華やかなネックレスをつけるなど、結婚式ではできないお洒落を楽しむことができます。

シンプルなコーディネートでも、アクセサリーを変えるだけで一気に華やかにすることができます。

いかがでしたか?二次会のドレスや服装は悩みますが、結婚式ほどの格式高さはなく、選べるファッションアイテムの幅も広がります。マナーを押さえつつ、自分らしさを出せるコーディネートを楽しみましょう。

二次会での服装・ドレス選びのコツ!結婚式との違いを押さえよう